大学院教育

国際流域環境研究センターでは分野に関する深い専門知識の裏付けを持ちながら、水環境への広範な見識を備えた人材として、(1)流域風土(現状・特性)の把握能力、(2)先端技術・研究を流域風土に適合させる応用力・シミュレーション能力、 (3)流域管理のためのデータ活用法を提案する能力、(4)流域環境に関する新たな知見の獲得のための必要データの取得・整理・活用能力を持つ人材を育成することを目指しています。

そのため、既存の博士課程「国際流域総合水管理特別コース」に加えて、修士課程「国際流域環境科学特別教育プログラム」が新設されました。

大学院 修士課程を目指す方へ

国際流域環境研究センター 27年度修了式の写真
国際流域環境研究センター 27年度修了式

山梨大学 大学院総合研究部附属 国際流域環境研究センター
〒400-8511 甲府市武田4-3-11

copyright (c) 2009 Interdisciplinary Centre for River Basin Environment.
All rights reserved.