流域環境科学特別教育プログラム

1. プログラム概要

以下に示す若い人材を育成するために、現在の国際流域環境研究センターを運営主体として2004年4月に博士課程・国際流域総合水管理特別コースが開設され、これをさらに発展させる形で、2009年4月に修士課程・国際流域環境科学特別教育プログラムが開設された。 2016年4月に、修士課程と博士課程が連結した本学の4つの特別教育プログラムの一つとして発展(流域環境科学特別教育プログラムに名称変更)。 昨年度までに、修士課程は80名が入学・68名が修了、博士課程は73名が入進学・57名が修了し、多くの修了生が博士課程進学の他、国内外の環境・水防災系コンサルタント・調査分析・プラント等の企業、環境・水防災部門を持つ行政・研究機関で活躍している。

2. 教育理念

本特別教育プログラムでは、教育課程編成・実施方針に沿った所定の単位を履修して、流域環境科学分野の社会的な要請に応える実践的な高度専門知識・技術を獲得すると同時に、数多くの水・環境問題に立ち向かうために、国や地域の多様性を理解したうえで、地域固有の問題を抽出し、その解決を社会に実装するために必要な以下の項目に挙げる能力を身につけ、学位審査に合格した学生に修士(工学)の学位を授与します。

3. 教育目標

    上記の理念を実現するために、以下に示す人間的な総合力を養うことを目指す。
  • 風土と文化の多様性および付随する環境問題を国際的視点で理解し意見を述べることができる
  • 環境データを取得し可視化する基礎技術を習得し活用できる
  • 地域の環境管理および環境と健康の関係についての基礎知識を習得し説明できる
  • 流域環境科学の専門的な理解に必要な水工学または水質学または微生物学・処理工学の基礎知識を習得し説明できる
  • 流域環境に関する課題を設定し、その解決策を社会に実装するための計画、実行、評価のサイクルを自立して行うことができる
  • 専門および周辺分野に関する情報を収集、発信することができる
  • 協議と調整を通して他者との合意形成を図ることができる

山梨大学 大学院総合研究部附属 国際流域環境研究センター
〒400-8511 甲府市武田4-3-11

copyright (c) 2009 Interdisciplinary Centre for River Basin Environment.
All rights reserved.