水工研究分野

大規模水文気象解析、温暖化影響予測、データ不足地の水文解析

Tadashi Suetsugi

末次 忠司 教授

河川防災は地形や環境などと密接に関係しており、包括的に研究する「総合河川学」の視点が重要です。 研究では流域スケールで見た水文・土砂動態をベースに、降雨を直接的な外力とし、地形や植生などの環境要因を媒介として展開される洪水や氾濫の変質を究明し、安全・安心に向けた減災の提案をしていきたいと考えています。 技術力向上と社会還元をキーワードに、他のメンバーと一緒に社会に役立つ研究に取り組んでいきます。

Keiichi Masutani

舛谷 敬一* 教授

Hiroshi Ishidaira

石平 博 准教授

適正な流域水管理を考えるうえで、河川流量データは最も重要な基礎情報の一つですが、その観測密度は十分とは言えず、既設の観測所も維持管理予算の不足により、十分に機能していない場合も少なくありません。 このような流量観測網の不足と衰退は、特に発展途上国において顕著であり、その地域の持続的開発を実現するうえでの大きな障害となっています。 このような問題を解決することを目的として、地上の気象・水文観測が十分に行われていない地域(データ不足地域) における河川流量を数値モデルや衛星観測情報を用いて推定・予測する方法の開発に取り組んでいます。

Kazuyoshi Souma

相馬 一義* 准教授

近年温室効果ガス排出など人間活動がグローバルな気候に与える影響が懸念されていますが、流域スケールでの水循環・気候の変化を考える上では都市活動の活発化など局地的な人間活動の影響も同様に重要になってくると考えられます。 そのような、局地的な人間活動を取り入れた気候モデルを開発し、それを用いた東南アジアにおける都市活動が流域の水循環・気候に与える影響を評価を目指しています。 数値モデルによる検討が中心ですが、レーダー観測や都市域での地表面水熱収支観測の成果も積極的に取り入れていきたいです。

Jun Magome

馬籠 純 助教

水循環と社会の関係性を流域スケールと全球スケールの2つの視点から解明していきます。 そのために衛星観測データやGISデータ等の大量の情報を収集・解析することに加えて、水文モデル等の数値モデルを駆使して解析を行います。 また、得られたデータ・モデル・成果をより効率的に活用・共有するために、ウェブベースのE-Lerningや最新のネットワークツールといった新しい手法をも活用しながら新しい方法を提案していきます。

Yutaka Ichikawa

市川 温* 准教授

わたしたちの生活は、水とともにあります。水とうまくつきあうことは、安全で快適な社会を実現する上で欠かすことができません。 さまざまなスケールで生じる水の流動・循環とそれに関連する熱・物質移動系を、数理モデリングを中心として科学的・体系的に解明するとともに、 これらの現象と人間社会システムとの接点で発生するさまざまな問題に取り組むことで、人と水のより良い関係を築くことを目指します。
京都大学に異動

写真をクリックすると山梨大学ホームページの研究者情報が表示されます。

*は協力

山梨大学 大学院総合研究部附属 国際流域環境研究センター
〒400-8511 甲府市武田4-3-11

copyright (c) 2007 Interdisciplinary Centre for River Basin Environment.
All rights reserved.