水質研究分野

河川環境変化と影響解析、水循環に伴う有害物質・病原体リスク解析

Yasushi Sakamoto

坂本 康 教授

水の循環に伴う汚染物質の移動を研究しています。土壌中の流れを主な対象としており、不飽和土壌での鉛直浸透、地下水中での水平移動を扱っています。 地下水の汚染源の解析、水質解析による流れの推定も行なっています。対象には化学物質だけでなく、病原性微生物も含めています。 最終的には、リスクアセスメントに必要でかつ未解明な部分、汚染物質がどのような経路を通り、どの程度の量、どこまで達するかを推定する曝露アセスメントの部分について、技術開発に結び付けたいと思っています。

Junko Shindo

新藤 純子 教授

Kei Nishida

西田 継 教授

水の流れと物質・微生物の動きの関係を研究しています。 森林が本当に二酸化炭素の貯蔵庫なのか、森と海を繋ぐ河川の役割は何か、という議論を確かにするため、炭素・窒素などの栄養元素の主要な発生源と流出量の推定を試みています。 また、日本も含めてアジアの多くの地域は豊かな自然に恵まれていますが、地下水や沢水を飲だり、水浴びをすることで病原体に感染する確率はどれ位なのか、今すぐ正確に答えることはできません。 これらの課題の解決が少しでも世界の水環境の理解と改善に役立つことを願いつつ、ホームフィールドである富士川流域を中心に、森林源頭部から途上国のスラム地区まで幅広く野外調査を展開しています。

Takashi Nakamura

中村 高志 助教

地下水の涵養機構やそれに伴う窒素負荷について研究しています。
現地での調査に加え、水の水素・酸素や硝酸イオンの安定同位体比を測定し、実測に基づいたデータから地下水の涵養源の推定や窒素負荷の起源の推定を行っています。 主に甲府盆地の扇状地地下水を調査対象としていますが、それらの涵養源になっていると考えられる周辺の山地にも調査を展開し、流域を広くとらえて地下水の涵養機構やそれに伴う窒素負荷の把握を試みています。

Sadhana Shrestha

Sadhana SHRESTHA 特任助教

Urban areas of developing countries are experiencing extensive population growth and consequently facing difficulties in managing water supply for all. On the other hand, anthropogenic activities are deteriorating quality of natural water resources. Such poor quantity and quality of water resources will ultimately impact on human health and society. I like to work in the intersection of environment (water), human health, and society using the multidisciplinary approach. Broadly, I like to assess the impact of improper quality and quantity of water on health and society and to understand ways to lessen the impact. Statistics is a tool that helps researchers to get the clear vision of their work and to obtain precise results. I love to use statistical tools in my research work as much as possible to make the empirical findings much robust.

写真をクリックすると山梨大学ホームページの研究者情報が表示されます。

*は協力

山梨大学 大学院総合研究部附属 国際流域環境研究センター
〒400-8511 甲府市武田4-3-11

copyright (c) 2007 Interdisciplinary Centre for River Basin Environment.
All rights reserved.