微生物・処理研究分野

各種制約条件化での流域環境の廃棄物・廃水の適正管理

Futaba Kazama

風間 ふたば センター長

良質な水は豊かな水量とともに社会インフラの一つです。 この整備のための一つの手段として、これまで様々な水処理技術が発展してきましたが、今後の低炭素型社会に向けては、水の利用に関する新しいシステムの構築、あるいはそのコンセンサスを得るための情報の集積が必要だと考えています。 そのためには、自然界における水の循環とそれに及ぼす人間活動の両者についての実態把握が必要で、その上で人々が求める水質を維持・保全するための適切な処理技術の適用や処理施設の配置についての提案を考えたいと思います。 現在研究室では水の酸素・水素や硝酸性窒素の窒素等の安定同位体比の測定や環境中の農薬などの汚染物質の測定、またエネルギー消費の少ない水処理方法の開発を進めています。 甲府盆地を研究のマザーフィールドとしながらも、そこで得られた方法論をアジア諸国に適用し、留学生たちと一緒に彼らの国の流域管理のための設計図を描きたいと願っています。

Hidehiro Kaneko

金子 栄廣* 教授

廃棄物を適正に管理することは、環境汚染の未然防止だけでなく資源保護の観点からも重要です。 しかし、廃棄物管理に関わる社会的状況(法制度の現状、経済状況、技術水準、廃棄物への考え方や習慣など)は国や地域によって千差万別であり、その状況に応じて適正管理のあり方も異なるはずです。 生物系廃棄物のコンポスト化処理技術に関する研究や廃棄物の有害性評価に関する研究を進めながら、廃棄物適正管理について考えています。

Tadashi Toyama

遠山 忠 准教授

生物と環境との関わりを理解し、それを環境問題解決に応用する研究を行っています。 特に、微生物や植物が持つ環境浄化機能を解明し、この機能を制御、強化することを可能にする工学的技術の開発に取り組んでいます。

Eiji Haramoto

原本 英司 准教授

アジアには微生物学的に安全な水の手に入らない地域が多く存在しており、水系感染性の病原微生物(ウイルスや原虫など)による健康被害は看過できない問題となっています。 本プロジェクトでは、現地調査で得られた水環境中での病原微生物の挙動に関する知見に基づき、病原微生物の摂取による健康リスクを定量的に明らかにすると共に、リスクを許容値以下に制御するために最適な方策の提案を目指します。

Kazuhiro Mori

森 一博* 准教授

植物−微生物共生のシステムは、汚濁物質の吸収・分解とバイオマス生産の能力を併せ持つため資源生産型の浄化システムへの発展が期待できます。 我々の研究室では様々な工学的手法を用いて植物と微生物の潜在能力を最大限に引き出すことに挑戦中です。

Yasuhiro Tanaka

田中 靖浩* 准教授

現在、全世界で水不足が問題となっており、世界人口の約20%が安全な飲料水を手に入れるのが難しい状態であると言われています。 中でも、お隣の国の中国では平均降水量の減少と人口増加に加え、河川・湖沼等の水環境汚染が進んでいて、水不足のみならず、人への健康被害、生態系への悪影響についても懸念されています。 また、日本においても近年、国内有数の水源である琵琶湖、霞ヶ浦などの難分解性有機物による汚染が顕在化しています。 そこで私達は、このような水資源・環境汚染問題を解決すべく、植物や微生物のパワーを利用した低コストで環境にやさしい水環境汚染浄化技術の開発に関する研究を進めています。

Yuki Yoneyama

米山 由紀
特任助手

Tatsuru Kamei

亀井 樹
研究員

写真をクリックすると山梨大学ホームページの研究者情報が表示されます。

*は協力

山梨大学 大学院総合研究部附属 国際流域環境研究センター
〒400-8511 甲府市武田4-3-11

copyright (c) 2007 Interdisciplinary Centre for River Basin Environment.
All rights reserved.