計画研究分野

社会的・文化的背景を考慮した災害リスク共生社会構築

Tadashi Suetsugi

末次 忠司* 教授

河川防災は地形や環境などと密接に関係しており、包括的に研究する「総合河川学」の視点が重要です。 研究では流域スケールで見た水文・土砂動態をベースに、降雨を直接的な外力とし、地形や植生などの環境要因を媒介として展開される洪水や氾濫の変質を究明し、安全・安心に向けた減災の提案をしていきたいと考えています。 技術力向上と社会還元をキーワードに、他のメンバーと一緒に社会に役立つ研究に取り組んでいきます。

Shinichi Muto

武藤 慎一* 准教授

Yutaka Ichikawa

市川 温* 准教授

わたしたちの生活は、水とともにあります。水とうまくつきあうことは、安全で快適な社会を実現する上で欠かすことができません。 さまざまなスケールで生じる水の流動・循環とそれに関連する熱・物質移動系を、数理モデリングを中心として科学的・体系的に解明するとともに、 これらの現象と人間社会システムとの接点で発生するさまざまな問題に取り組むことで、人と水のより良い関係を築くことを目指します。
京都大学に異動

写真をクリックすると山梨大学ホームページの研究者情報が表示されます。

*は協力

山梨大学 大学院総合研究部附属 国際流域環境研究センター
〒400-8511 甲府市武田4-3-11

copyright (c) 2007 Interdisciplinary Centre for River Basin Environment.
All rights reserved.